天然むすめの入会方法を紹介【Vプリカ、デビットカード使用可】

天然むすめの入会方法を紹介【Vプリカ、デビットカード使用可】

天然むすめの入会方法を紹介【Vプリカ、デビットカード使用可】

天然むすめは月額定額制の見放題有料無修正アダルトサイトで、Vプリカ、デビットカードを使用しての入会も可能です。

 

入会をご希望の方は以下のリンクをクリックして入会手続きをしてください。

 

天然むすめ,入会,Vプリカ,デビットカード天然むすめ,入会,Vプリカ,デビットカード天然むすめ,入会,Vプリカ,デビットカード

 

天然むすめ,入会,Vプリカ,デビットカード

美女に無制限で無差別な連続中出し

ステージ上の彼女はグチョグチョに・・何度も吐きかけられた奴らの唾、水、ワイン、そして精液と吹き出しまくった彼女自身のマン汁とションベンで全身をグッチョリ濡らし、その体をグッタリと横たえながら荒い呼吸をしているだけのダッチワイフと化してした。私も入会もそれを見ているだけだった。「よかったねぇ」「いいショーだ」「すごいねぇ、この子」客の話すことが聞こえてくる。確かにショーとしてはすごいものだと思った。こんなことを客前でやる女なんて見てことなかったから、余計にそう感じていた。「みなさん、いかがでした?」Wが客に向かって話し始めた。「尚美をここまで仕上げたのはここにいるカワサキさんとと天然むすめさんです。な?」そう振られた天然むすめが答えた。「えぇ、そうです。この尚美にプレイを仕込んだんです・・いろいろなことを仕込みました・・尚美の穴を借り切って調教しました・・朝晩関係なく生でハメられるマンコにしました・・生フェラ、ゴックン、生ハメ、軽いSM、飲尿、浣腸・・20人近くで輪姦も経験させたしね・・マンコもアナルもザーメンで真っ白になって、しばらくはウン◯するとき痛かったくらいに(笑)。この尚美、使いがいがあるでしょ(笑)」天然むすめは自慢げに話していた。「じゃあ、ここからはお客さんにもこの尚美の穴で楽しんでもらいましょうか?」「うす」カワサキが答え、天然むすめと二人で床に倒れている彼女の体を抱きかかえた。彼女はグッタリとしたままだった。天然むすめとカワサキは両側から彼女の脚を開いたまま抱きかかえステージを降りて客の前に彼女のマンコを晒した。「まず、撮影したい方、このザーメンが入ってるマンコとアナルをよく撮ってくださいね・・顔も一緒に(笑)」客が彼女のマンコの前に群がり、一斉にシャッターを切る音がした。「ちょっと・・これは聞いてないよ」入会が前に行こうとすると、見張りについていた一人が入会の腕を掴んだ。「まだだよ、入会さん(笑)」「何言ってんの!聞いてないからっ、こんなことっ!」「わかってるって・・大きな声だすよな、客が冷めるだろ」「痛っ」男は入会の腕をグイッと掴んだ。「座れって」「・・・」入会は何も言えなくなっていた。彼女が客の真ん中でマンコを晒しているとき、Wが言った。「入れたい方、どうぞ!お好きなだけこの穴に入れてやってください!どなたでも構いません!壊れるまで、先着順でいくらでもマンコに入れてやってください!中出しで構いませんから、ぜひどうぞ!」客の側でもそうなることがわかっていたかのように、何人かの客はズボンを脱いで天然むすめとカワサキに抱えられたまま脚を開いている彼女のマンコにチンチンを近づけていた。「尚美、お願いしろよ!」「うぅ・・」客の群れから離れている私の耳にも彼女の声ははっきりと聞こえた。彼女は目を開けて自分で言ったのだ。「・・オマンコにオチンチンください・・いっぱい入れてください・・ご自由に入れてください・・アタシのオマンコは・・皆さんの射精マンコです・・いっぱい・・ください・・あうぅ!!!」客の一人が彼女のマンコに生のチンチンをこすりつけていた。「あはは、遠慮なくいただくよ・・おぉ、すげ・・ザーメンでヌルヌルする・・おぉ・・簡単に入った・・さっきまで使ってたからすごく中が熱いなぁ・・何だよ、ガバガバだぜ?あはは!!」「ああ・・あう・・あふ・・あ・・き、きもちいい・・きもちいいです・・」彼女は二人に持ち上げられて脚を開かせられたまま客のチンチンを生で入れられていた。「交代〜」「次は俺ね」客たちは自分でチンチンを扱きながら彼女のマンコの前で順番待ちをしていた。抱きかかえられたままの彼女の胸を揉む客、彼女のマンコにチンチンを入れたままそこを撮影する客、彼女の喘ぐ顔を撮影する客・・店内は彼女の周りを中心に異様な雰囲気になっていた。彼女に群がっていない男の客は他の女性客とキスしているし、フェラさせている客もいた。入会の店の女の子とキスする客もいたし、店内のあちこちで卑猥な行為が繰り広げられていた。「お!出る!」彼女に入れている客の声だった。「ああんぅ!!!」客が彼女に中出しするんだと思った。私のいるところからは彼女に群がる客が邪魔でその様子が見えないのだ。「あはは!出た!」「中出し!」「次、俺だって!」興奮している客の声が連続している。彼女は店内の床に仰向けに寝かされた。客の足元から次々とマンコにチンチンを入れられている彼女の姿がチラチラ見えた。マンコに入れられている彼女の顔に跨ってフェラさせる客、彼女の手にチンチンを握らせる客、彼女の乳首に亀頭を擦り付ける客・・彼女の姿は蟻が群がる砂糖のように見えた。「あ!あ!イクッ!」また客の声だった。「いいぃ・・あ・・あ・・」彼女の絶え絶えの声が聞こえた。もう何人の客が彼女に入れているのか分からなかった。私のところから客の後ろ姿越しに見える彼女はいつの間にか口からも精液を溢れさせていた。「あはは!公衆便所だね」「ボロ雑巾みたい」「こんなに中出しして平気かよ?」「大丈夫だろ?気持ちよがってるし(笑)」「マンコ、すげーことになってねー?」「連続中出しって、あんまりみたことないから・・すごいね」「こんなに中出しされまくるマンコ・・マジで便器(笑)」客は好き勝手なことを言っていた。「・・こんなの・・」入会が小さい声でボソッと言ったのが聞こえた。「・・離せってば!」入会が見張りの男の腕を振り払って彼女に群がる客の方に歩いて行った。「ちっ・・まぁ、いいか・・」見張りの男はそう言いながら店内を出て行った。私も入会の後をついて客の前に出た。「・・・」私の目の前の彼女は本当にダッチワイフだった。使い込まれてクタクタになった、射精のためだけに使われたダッチワイフ。彼女は、仰向けで寝かされ、客から脚を左右に大きく広げたまま押さえつけられて、その口は客が和式便器を跨ぐようにしゃがんでフェラさせられていて、両手も左右に広げられてそれぞれにチンチンを握らされていた。客たちはニタニタしながらその様子を見て、おのおのが自分のスマホで自由に撮影していた。これまで、何度も輪姦された彼女の姿は見ていた。しかし、この人の彼女はこれまでと違っていた。彼女は・・・マンコから白い精液を漏らし、両手にはチンチンを握り、口にもチンチンを入れられた姿を客に撮らせている彼女の表情は・・微笑んでいたのだ。まるでこの行為を望んでいたかのように、嬉しそうに、心地好さそうにさえ見えるくらい、彼女は目をトロンとさせてはいたが、微笑んで見えたのだ。

 

ガチん娘は偽名(匿名)OKのVプリカ決済で入会登録できますか?

 


ホーム RSS購読 サイトマップ